粗大ごみの出し方について

シングルベッドは通常粗大ごみだが、マットレス以外は分解して小さくし、燃えるごみと燃えないごみで出すことに

bed

私は20代の会社員です。自分の部屋のレイアウトを機能性の高いものに変えたいという気持ちで普通のシングルベッドからロング型のロフトベッドに変えました。
シングルベッドは粗大ごみに出さなければいけなかったのですが、事前に色々と節約できないかと思いなるべく安い費用での粗大ごみの出し方を調べて捨てることができました。
私のシングルベッドはコイルマットレスタイプのベッドだったのでそれはどうしようも出来なかったのですが、フレーム部分とすのこの部分は木で出来ていて簡単にネジで取り外すことができたのですべて分解して小さくして、釘やネジがある部分は燃えないゴミとして、木片の部分は燃えるゴミの袋で出すことができました。普通の粗大ごみの費用よりは大分料金を抑えることが出来ていいロフトベッドを選ぶことができました。

フレームの木の部分を袋に入るくらいのこぎりで小さく切り、燃えるごみ3袋と燃えないごみ1袋で出せ、依頼するより半額以下で処分することができました

私がした処分方法はまずマットレスを外して、部屋から出してフレームとすのこだけにしました。そこからすのこをまず取り外してのこぎりを使って袋に入る形まで小さくしてガムテープで固定しました。私が住んでいる地域では袋から多少はみ出ていても袋の口が閉じていれば持っていってくれるのでガムテープで固めにすることで簡単に持っていってくれました。
フレーム部分は少し大変なんですが継ぎ目部分にはネジが使われているのでのこぎりで継ぎ目のぎりぎりを切って残りのフレームの木片はすのこと同様に袋に入る大きさに切って袋に詰めました。燃えるゴミの袋は全て入れて3袋で燃えないゴミの袋は1袋だったのでセンターに依頼して持っていってもらうよりも半額以下の料金で木片部分を処分することができました。
木片を切ったのは部屋の中だったのですが、思った以上に木くずが出てしまったので掃除機とマスク、メガネは必要だったなと思います。外で切ることも考えたのですが、途中で休憩をはさみながらやるためには室内でしたほうがいいかなと感じたので室内で切りました。

分解できないマットレスは1000円ほどで処分、ただ古いベッドを処分する日に新しいベッドが届くように手配することを忘れずに!

マットレスベッドは料金としては1000円ほどで出したのですがマットレスも分解できればもっと料金を節約できたかなと思いました。
シングルベッドが片付いてからロフトベッドを注文したのでロフトベッドが来るまでは地べたで寝なければいけなかったので、前のベッドを処分する日に新しいベッドが来るように手配しないと大変だと感じました。しかしロフトベッドに変えたことで部屋の空間を無駄に使わないで済んだので今ではとても助かっています。